| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鉱滓レンガに関する報告書

報告が遅くなりましたが、
昨年末に志免鉱業所における鉱滓レンガの調査結果を
「第八坑の材料調査報告書」にまとめ志免町に提出しました。

詳細については
今年度末に志免町から発行予定の報告書をご確認下さい。
スポンサーサイト

| 活動報告 | 12時10分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シンポジウム無事終了

12月6日に行われた、第2回NRC研究会シンポジウムは
開始前に雪が降る悪天候(開催時は晴天)のなか行われましたが
皆様のご協力のお陰で大成功のまま終了することが出来ました。

今後も皆様のご尽力を支えにNRC研究会は
中村鎮とNRC構造の調査・研究と構法に努めたいと考えています。

ご来場の皆様、関係者の方々、本当に有り難うございました。

DSC_0038.jpg DSC_0042.jpg

| 活動報告 | 10時08分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

資料のデジタル化

現在当研究会では中村鎮関連の資料(図面・写真・記事など)の
デジタル化を進めています。
今後順次アップしていく予定ですのでご期待ください。

| 活動報告 | 10時48分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

NRC研究会第1回総会

日時 :2007年11月10日 13:00~14:30
場所 :九州共立大学学思館116号室(福岡県北九州市八幡西区自由ヶ丘1-8)
参加者 :古川・行徳(新日鐵高炉セメント)、金光(九州TBK)、馬場先(二瀬窯業)、
(敬称略)三根(北九大)、京牟禮・磯野(九州能開大)、堤(九共大)


議事 :
1.開会の挨拶・・・京牟禮実(九州職業能力開発大学校)
2.会員の紹介・・・参加者全員
3.シンポジウム後の活動状況・・・京牟禮実(九州職業能力開発大学校)
 中村宏氏(甥)と情報交換、前原市へパネル展示の依頼(現在展示中)、志免町における鎮ブロックの使用確認、中村隆之氏(孫)より資料借用の約束等の報告を行った。
4.収支報告・・・堤洋樹(九州共立大学)
5.今後の活動討議・・・参加者全員
 様々な意見が交換されたが、主な内容は以下の点である。
・来年度もシンポジウムを開催する:会場は前原市もしくは志免町が候補、志免町なら九州産業考古学会と合同開催を検討
・ウェブページの開設と資料のデジタル化:一般公開に向けて少しずつ準備
・中村鎮に関する展示スペースの確保:前原市、志免町に交渉
・会員による活動:太平工業の鉱滓レンガの変遷の調査(古川氏)、パネル工法の改良・研究(京牟禮)
・鎮ブロックを生かした新しい工法の可能性を検討
6.配付資料の説明・・・磯野重浩(九州職業能力開発大学校)
7.閉会の挨拶・・・三根直人(北九州市立大学)

| 活動報告 | 12時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

研究会創立記念シンポジウム

中村式鉄筋コンクリート(NRC)研究会創立記念シンポジウム
警固教会はなぜ地震に耐えたのか -造られ方とその理念-


日時 :2007年3月11日(日) 13:30開場 14:00開演
会場 :警固教会 〒810-0023 福岡市中央区警固2丁目11-20
講演者:京牟禮実(九州職業能力開発大学校)
     大島義太郎(大島設計代表取締役)
     福永博(福永博建築研究所代表取締役)
司会 :三根直人(北九州市立大学)
主催 :中村式鉄筋コンクリート研究会(NRC研究会)
入場料:無料

poster.jpg
設立記念シンポジウムポスター<拡大版はこちら>

シンポジウムの趣旨及びプログラムは「続きを読む」をクリックしてください。

≫ 続きを読む

| 活動報告 | 12時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。